【小型アクアリウム】メルカリで水草の南米ウィローモスを購入してみました。

タイトルの通りメルカリで水草の南米ウィローモスを購入しました。
初めての経験という事もあり、少しでも同じ様な事を考えておられる方の参考になればと記事にします。

一般の方が水槽や水上で育成した水草がかなり販売されており、ほとんどの水草は揃ってしまうのではないでしょうか。
実際、ADAやトロピカ社の水草を育成してトリミングしたものも多く出品されています。
また、価格も安価で販売されている方もおられたりとお得感もあります。

そもそも何故、実店舗やネットで購入しないのか?と思われる方もおられると思いますので、私が考えている理由について触れたいと思います。

スポンサーリンク

実店舗で購入しない理由

近隣に大型ペットショップがありますが、その店舗では半水上葉として管理・販売している為、問題なく水中葉へ移行出来ればいいのですが、過去に半水上葉からの移行で完全に枯れてしまったという苦い思い出がありましたので、半水上葉の南米ウィローモスを購入するというのは避けました。

また水中葉の南米ウィローモスでも、既に緑のヒゲ上のコケが発生していたり・・・。

結局は近場に状態のいい南米ウィローモスを扱っている所がなかった、というのが一番の理由です。

ネットで購入しない理由

これはやはり一番の問題として「送料」になります。
質のいい南米ウィローモスでも、この送料のおかげで+700~1,000円程度は見込まなければなりますので、これもちょっと厳しいなと。
送料無料になる程、他に色々買う当てがあればいいのですが、特に買うものが無ければ割高感が出てきます。

最近は手元がかなり充実してきたという事もあり、高額になるほど買い物をしないんですよね・・・。

確かにネットでの購入は、既に流木に巻いた物等もあったりと至れり尽くせりの感はあるのですが、それを自分でやるのもいいかなと(笑)

このウィローモスなんかは、極と書いているだけあって凄いですね。
ここまで綺麗に成長させてみたいものです。

メルカリでの購入先の検討

スネイル、プラナリア、水ゲジ、ヒドラは混入させたくありませんので、いくら安くても、いくら育成状態が良くても害虫と呼ばれる類の生物が混入する恐れがある水草は買いません。
これは納得するまで、画像をよく見たり質問などをします。

この様な点については、出品されている方の販売履歴や評価などを見る事も参考になりますので、必ずチェックします。

また勿論ですが、到着後はすぐに水槽に入れずに害虫のチェックはします。
これはメルカリで購入したからではなく、店頭で購入した際にも同様のチェックは実施しています。

メルカリで購入するメリット

やはり状態のいい水草を安く入手する事が可能という所ではないでしょうか。
特に出品者の方によっては、1,000円分南米ウィローモスを購入したい等のリクエストを聞いて頂けたりもあったりします。
このあたりはヤフオクでは出来ないやり取りですよね。

とにかく良質な水草を安く販売されている出品者を見つけられるか次第ですね。

メルカリで購入するデメリット

あくまでも個人売買になりますし、基本的にはノークレーム・ノーリターンですね。
また発送形態が普通郵便であったり、第4種郵便であったりと発送から到着までに時間が掛かる事がほとんどです。
その為、真夏や真冬は到着までの輸送中にダメージを負う事があります。

最短日数で到着するように発送タイミングを配慮して頂ける出品者の方もおられたりしますので、メリットでも書いた様に如何にいい出品者を見つけられるかです。
そうする事でデメリットの部分については、小さい影響度にまで下げる事が出来ると思っています。

実際に届いた南米ウィローモス

こんな感じで到着しました。
もちろんこの上にきちんとダンボールで梱包されており、とても丁寧な梱包でした。

今回届いた南米ウィローモスですが、綺麗な三角葉をした状態のいいものでした。
やはり評価や過去のやり取りをチェックして正解でした。
出品者の方には感謝です。

ちなみに今回は、量よりも質にこだわって500円分の南米ウィローモスを購入しました。
モス系は環境さえ適合してくれれば少しだけでも十分に増えてくれますから。

南米ウィローモスのセット

この南米ウィローモスは、コリドラスがいる20センチキューブ水槽にセットします。

セット方法ですが、ペットショップで298円で購入したADAの小さいホーンウッドとメーカー不明(笑)の流木にテグスで巻きつけてセットしたいと思います。

余ったものはチャームで販売しているリング濾材のライフマルチにも巻きつけて、30センチキューブ水槽にセットします。
今回、30センチキューブ水槽にもセットしたのは、20センチキューブ水槽ではCO2や照明等の環境が貧弱ですので、自家栽培用のストックとして入れておきます。

後日にはなりますが20センチキューブ水槽には、懲りずに発酵式でもセットしようと思います(笑)

メルカリで南米ウィローモスを購入した事のまとめ

正直な所、個人売買には不安もありましたが、いい出品者の方を見つけれればラッキーです。
今回は非常にいい出品者の方と巡り会う事が出来ましたので、運が良かったなと感じました。

出品者の方と購入者の住んでいる所から、あらかじめ到着までの日数をチェックするもの大事です。
きっちりしている方は、プロフィール欄もきっちりされている事が多いのでチェックしています。

あとは真夏とかはかなり危険です(笑)
今年は異常な暑さだったのもありますが、普通郵便などでは届く前に熱にやられてしまう可能性もありますので、そのリスクを考慮しなければなりません。

さてさて、後は綺麗に三角葉の形状で成長してくれるか、楽しみに観察していきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする