【iPad購入記】iPad Pro 10.5を購入しました。

Appleストア心斎橋店でiPad Proを購入してきましたので、まずは購入経緯から使い道等をレビューしてみます。

私にとって商品金額が数万を超えるとなると高額な買い物にもなりますので、かなり慎重に検討した上で購入しました。
この購入に至るまでに検討した内容が、少しでも役に立つことがあればと思いましたので記事として残す事にしました。

スポンサーリンク

iPad Pro 10.5インチを購入したきっかけ

iPad Pro 10.5インチを購入しようと思ったきっかけは、文章を下書きする為に使っていたASUSのNEXUS7(2013Ver.)が、Wi-Fi接続をしていると異常なバッテリー消費速度ですぐにバッテリー切れを起こし、ストレスが溜まりまくるという所が発端でした。

元々NEXUS7は色々とバグがありましたし、正直な気持ちとしては、「もう使いたくないな」というのが本音です。

その他のAndroidも勿論検討しましたが、やはりNEXUS7の事がトラウマになっており出来れば敬遠したかった事と、私が使っているスマホがiPhoneで充電速度やストレスの無い機敏な動作を気に入っていた所が最終的には決定的な条件となり、iPadの購入をする事にしました。

また今後、新製品が発表される事もあるだろうとは当然考えていましたが、新製品を待っていてはいつまで経っても購入できませんし、発売からそれなりの時間が経過しているとサードパーティからのアクセサリーも充実してきますので、思い切って今回の購入へと踏み切りました。

どのiPadがいいのか

さて、iPadを購入するにあたり、どれを買うのがいいのか?
多分、初めて購入される方は似たような経験があるかと思います。

iPadにも色々種類があり、どれがいいのやら・・・。

まずは比較的安価なiPadとiPad Proの差は何か?
出来る事と出来ない事を自分なりに整理しました。

一番大きな違いとしては、やはりApple Pencilが使えるかどうか。

ここに尽きるのではないでしょうか。

iPadを使いたい目的、使い道は何か

このポイントが一番大事だと思いましたので、その点について考えました。

iPad Proでササっと文章の下書きを作りこみたい。

空き時間を使ってブログの下書きをする事は、非常に効率の面で大きな価値があります。
その為、動作がもっさりしているタブレットではNGです。

文章作成において、液晶サイズが小さくて見にくいのもNGです。

絵も描いてみたい。

せっかくiPadを買うなら、Apple Pencilで絵も描いたりしたいなと。
※Apple Pencilを使いたいという時点で、iPad proを選択するしかありません(笑)

この二つが大きなポイントですが、他にはGarage Bandもやってみたいというのもありました。

iPadとiPad Proの違いとして、確かに液晶のスペック差や画質の差、もっと言えばCPUのスペック差も大きな違いだと思います。

しかし、それよりも手書きでメモを取りたい人やイラストを書きたい人にとって、Apple Pencilは外せないツールだなと感じました。

この時点でiPadproのラインナップから選択する事になります。

※とりあえずタブレットが欲しいという方は、ノーマルのiPadも十分に選択肢に入りますね。

次にiPad Proの9.7インチと10.5インチ 、12.9インチで絞り込みました。

9.7インチはリフレッシュレートが60㎐でしたが、10.5インチと12.9インチでは120㎐へと大幅に向上しています。

リフレッシュレートというのは、「1秒間の間に何度画面を書き換える事ができるか」という事を定量的に表したものです。

という事は、9.7インチと10.5インチ、12.9インチでは単純に言えば、性能が倍という事ですね。

この差がApple Pencilの反応速度に大きな差をもたらします。
この点は是非実機に触れて感じて頂きたい点です。

リフレッシュレートのスペック差から、新型のiPad Proを選択します。

12.9インチと10.5インチのどっちがいいのか

12.9インチと10.5インチのどちらを選択するのか、本当に迷いましたね。
12.9インチならお絵描きには丁度いいのかも知れませんが、ちょっと大きすぎるなと感じました。

これは実機に触れたからこそ判断できた所です。
これから購入される方は、必ず実機を確認した方がいいです。

という事で、サイズは10.5インチを選択する事に。

この大きさと後述する重さについては、絶対に現物を見て判断して欲しいです。
出来れば二つ並べて比較してから、決定するべきだと思います。

容量については使い道によりますので、どれがいいとは一概には言えません。

ただiPadは後で容量追加など出来ませんので、慎重に選択するポイントだと思います。

ちなみに私は64GBモデルを購入しました。
クラウドなどを使って、出来るだけ容量を逼迫しないようにして、64GBでやり繰りしていく事にしました。

まぁ私の場合は、容量が幾らあっても無駄に使ってしまうだけですので(笑)

唯一の欠点というか仕方がないポイントとしては、やはり重さですね。
この重さについては、必ず本物を手にとってみてください。

このiPadpro自体の重さが自分の用途において許容されるレベルかどうか、これも非常に大事な事ですし購入する人にしかわかりません。

使用感(使い心地)について

購入後しばらく使ってみましたので、使用感を書いていきたいと思います。

私にとって、店頭のホットモック(実機サンプル)以外での使用は初めとなりますので、もちろん初のiPadになります。
ベゼル部分の色は気にしないので、ローズゴールドを選択しました。

一言で言うと、「素晴らしい」ですね。

とにかく快適にキビキビと動作してくれます。

沢山のアプリを入れる事はありませんが、何をしてもストレスとは無縁な挙動をしてくれています。

iPhoneでもEver Noteをよく使っているのですが、端末が変わるだけでここまで快適になるものなのかと感動しました。

Apple Pencilやらケース等、諸々の小物も含めると約10万円もの出費になりますので、決して安くはありませんが、購入価格以上の価値があると私は感じました。

先程デメリットで重さと挙げていますが、持ったまま使う場面の少ない私の用途では全く気になりません。

久しぶりに満足度が非常に高い商品を購入したな、と思っています。

iPad Proの購入で悩まれている方は、一度手にとってみて下さい。
きっと欲しくなりますから・・・(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする