【小型アクアリウム】偽ポピーグラスを購入してみました。

先日、外部フィルターをエーハイム2211へ変更しましたが、水槽内で緑の配管が非常に目立ちます(笑)
エデニックシェルトV3の時は、配管部分は半透明の黒で統一されていた為、余計に目立ってきてしまいます。

今回は入出水パイプをガラス製の配管へ変更しましたので、その件について記事にします。

スポンサーリンク

ADA製ガラス入出水パイプについて

ADAのガラス製給排水管はデザイン的にも洗練されていて、尚且つ外部フィルターの2211の水流を和らげる事も兼ねてくれる製品があります。
デザインと機能の両方を兼ね備えた製品が、ADA製のポピーグラスだと思っています。

排水部の丸くなっている所へ、外部フィルターから循環されてきた水流があたる事で勢いを弱めてくれるという、素晴らしい排水管なんです。

ADA製ガラス入出水パイプのデメリット

エーハイムやエデニックシェルトの配管と比較すると、デメリットは2つに絞られるかと思います。

デメリット その1

価格が高い。
これはもはや誰しもが思う所ではないでしょうか。

12/16サイズのリリィパイプの入水パイプで8,000円、出水パイプで7,400円となりますので、入出水パイプ両方を購入すると15,400円にまで膨れ上がります。
(ADAからはポピーグラスのラインナップは無し)

流石に高額過ぎでちょっと躊躇してしまいますね。

デメリット その2

ガラス製品である為、割れる事がある。
外部フィルターに付属している配管は樹脂製ですが、ADAの配管はガラス製です。
メンテナンス時等に変な力が加わると、あっさり割れる事があります。

デメリットその1と相まって、割れやすい上に高額商品となるので緊張しまくりになる事が確実です(笑)

ただし、上記に書いたデメリットばかりというわけでもありません。

メリット その1

ADA製品であれば、9/12のパイプ径の製品がありますので2211出水ホースとバッチリ合います。
エーハイムの外部フィルターのホース径に対応しているので、取り付けには何も悩む事はありませんね。
自分の使っているエーハイムのホース径と適合する中から、選択すればいいだけですから。

ADA以外のガラス製かアクリル製の給排水管が無いか

ADA以外の給排水管が無いか調べた所、楽天市場やAmazonで類似品がありました。
いわゆるコピー商品とでもいう程の出来栄えです。

Amazonにおいては、リリィタイプのアクリル製の入出水パイプがありました。
これはちょっといいなと思いました。
しかし残念ながら、リリィタイプのみの販売で、ポピーグラスタイプがありませんでしたので購入しませんでした。

購入した入出水パイプ

今回購入したのは、こちらです。

Amazonで購入したガラス製のポピーグラスタイプです。
どの程度のクオリティか実際に自分で見たいという思いがあり、こちらを選択しました。

この入出水パイプの対応している径は小さいもので12/16です。

2211の出水ホースの径が9/12ですから、そのままでは接続できませんので途中で径変更のアダプタをかます事で対応しようと思います。

これはエーハイムから発売されているので心配はありません。

Amazonでもすぐに手に入る程です。

梱包は簡素

梱包は段ボール製の簡素な箱ですね。

いかにも!という雰囲気が漂っています(笑)

開けてみると、入水パイプと出水パイプそれぞれが別にクッション材に包まれています。
結構しっかりと包まれていましたので、よほど適当に扱われなければ運送中に割れるという事は無さそうです。
ちなみに包み方は、クッションをホッチキスで止めているだけですので、これで怪我をしないように注意が必要です。

さて、取り出してみると意外とクオリティが高いです。

正直、私の様なヌルいアクアリストであれば、これで満足できると思います(笑)
価格も2500円程度で入出水パイプの両方が入手できましたし、満足度が非常に高い商品です。

本家のADAにしてもガラス製ですので、慎重に扱わなければならないのは同じですね。

ただし、30センチキューブ水槽であれば、出水パイプの丸い部分は非常に大きいですし目立ちます(笑)
私の場合は、水流を弱めたいという狙いもありましたので、逆に丁度よかったと思っています。

吸盤は熱湯で消毒を兼ねて軽く洗いながしてから装着しましたが、特に吸盤が外れる等の問題もありませんでした。

水槽への設置について

水槽へ取り付けるにあたって、注意するべき事はやはりガラスなので割れやすいという事かと思いますので、今回はポピーグラスとの接続はシリコンホースで接続していきます。

これは近所のホームセンターで購入してきました。

偽ポピーグラスのまとめ

装着して少し時間が経ちましたが、エーハイム2211の出水の水流を弱める事も出来ていますし、何の問題も発生していません。

形状的には並べるとガラスの端部や繋ぎ目などに両者の違いも表れると思いますが、本物を知らない私にはADA製と偽ポピーグラスの差はわかりませんでした。

商品自体はAmazonにも楽天市場にも売っていますので、入手は容易だと思います。

そもそも模倣品が良いか悪いかという問題はありますが、商品の造りとしては悪くないと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする