【ワインの知識】フランスのブルゴーニュが誇る 超高級ワインの最高峰 ロマネ・コンティってどんなワイン?

ワインにあまり興味がない人でも、その言葉を一度は聞いた事があるのではないでしょうか。

高級ワインの代名詞でもある「ロマネ・コンティ」

今回はロマネ・コンティがどうして手が届かない様な超高額なワインになってしまうのか、知らない方もおられると思いますので少し書いてみたいと思います。

「飲むより語られる事の方が多いワイン」とも言われる程のワインですので、ここでも語ってみたいと思います(笑)

スポンサーリンク

そもそもロマネ・コンティって何?

ロマネ・コンティは、フランスが誇るブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区ヴォーヌ・ロマネ村のピノ・ノワール100%で生産される赤ワインです。

神に愛される村

ロマネ・コンティの故郷、ヴォーヌ・ロマネ村は「神に愛される村」とも言われています。
ヴォーヌ・ロマネ村の気温が14℃~16℃程度と気温のブレが少ない上、村の立地条件が東南方向の斜面にある為、太陽の日差しを十分に浴びる事ができ、ピノ・ノワールの栽培にとって素晴らしい環境にあります。

またこのヴォーヌ・ロマネ村の土壌についてですが、石灰岩層の上に粘土が混ざった石灰質状の土壌となっており、これがワインを素晴らしいものへと導いてくれるという事です。

ロマネ・コンティの生産者は「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(omaine de la Romanee-Conti)」で、頭文字を取って、DRCと略される事が多いですね。

そして、DRC社が保有している畑の名前が「ロマネコンティ」です。

ロマネ・コンティというワインの名前になっていますが、実は畑の名前が由来となっています。

DRC社のワインでは、ラ・ターシュなども有名ですね。

DRC社のラ・ターシュと言えば・・・
毎年の年末年始恒例の人気TV番組でもある「芸能人格付けチェック」で、一流芸能人をキープし続けるGACKTさんが飲まれた事があります。

当時言われた言葉では「ロマネコンティの弟と言われる程に濃厚で複雑な味わい」との事でした。
ただ番組で飲まれたのは2005年という少し若かったヴィンテージで、その様なコメントもされていました。

オークションでの落札価格

ロマネ・コンティのオークションでの落札価格では、ヴィンテージであれば1,000万円を超えた事もあるという、桁外れな高級ワインです。

何故ロマネ・コンティは高額なの?

冒頭にも書いた通り、こんなに高級なワインになっている理由は何故でしょうか。
1本数百万円を超えるワイン・・・一度はボトルで抱えてみたいものです(笑)

生産量が非常に少ない

ブドウ畑も1.81ha(ヘクタール)しかなありません。
この1.81haという大きさが異常なまでに小さいのです。
東京ドームが4.7haで阪神甲子園球場が3.85haと言われていますので、それらの球状の半分にも満たない大きさです。

醸造方法も昔ながらの伝統的な造りを継承していっており、生産量にもバラツキがあったりと大量生産には向かないワイン造りをしています。

その代わりに、長期熟成に十分耐えうるポテンシャルの高いワインを生み出す事が出来ています。
簡単に言えば、クオリティを追求する代わりに生産量を減らしているという事ですね。

ブドウ畑は小さい、大量生産しない(出来ない)、生産量が一定ではない、高品質のワイン、とまぁ高価格になるべくしてなった感じがしますね。

また熟成に使われる木樽は最高級の物で、フランソワ・フレール社が生産したものです。

このフランソワ・フレール社は「樽の品質に見合うワイン生産者にしか樽を販売しない」という凄い方針を持っています。
その為、このフランソワ・フレール社の樽を使っている生産者は極々少数に限られています。

ネームバリューによる価値

ロマネ・コンティという畑はDRC社の畑のみです。
ロマネと付くワインなら他にもありますが、「ロマネ・コンティ」は唯一無二です。

その為、欲しい人が集中すると、爆発的に価格が高騰するという現象になってしまっています。
供給よりも需要が遥かに大きすぎて、どうしようもないというのが現状です。

唯一無二のワイン

上記でも書きましたが、「ロマネ・コンティ」というワインは一種類しかありません。
それはDRC社が生産した「ロマネ・コンティ」のみです。

先ほど触れたロマネと付く他のワインですが、ロマネの片鱗を味わうならヴォーヌ・ロマネ 2015 ドメーヌ・ミシェルもいいかなと思います。
価格的にもお手頃ですし、年間生産本数も4,500本というロマネ・コンティに負けず劣らずの極少生産量のブルゴーニュです。

グラスでの価格

提供価格としては、グラスでのオーダーになるとちょっといいロマネ・コンティにもなると数万円は必要になってくる為、グラスで飲もうとしても中々飲めないのが悲しい現実です(笑)

ボトル購入やグラスでのオーダーは中々勇気がいると思いますので、ショットでオーダー出来るBAR等が、お財布にも優しくていいのではないでしょうか。

「一度飲めば人生観が変わる」とまで言われるワイン。
それがロマネ・コンティです。

ワイン好きは勿論の事、少し気になった方も是非一度、世界最高峰のワインをお試し下さい。
素晴らしい香りにノックアウトされちゃって下さい(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする