【お土産にも最適な新感覚もみじ饅頭】にしき堂の生もみじ

もみじ饅頭と言えば広島。
広島のお土産で最も有名な商品と言えば、もみじ饅頭ではないでしょうか。

そして、そのもみじ饅頭の中でも有名な「にしき堂」、私はここのもみじ饅頭が1番好きですね。

スポンサーリンク

生もみじの大きさ

これは普通のもみじ饅頭も同じ事が言えますが、1つの大きさが絶妙な手のひらサイズという大きさで、手に取った時に大きすぎる事も小さすぎる事もない、非常に食べやすい大きさですね。

そして中には餡子が沢山入っています。
どこから食べても一口目で餡子に辿り着く。

これって実はとても大事ですが、他社の饅頭だとそうなっていない事も多くないですか?

一口食べても餡子に辿り着かずに、生地だけしか食べれていない。

これが「にしき堂のもみじ饅頭」ではありません。

どこから食べても一口目で餡子に。

生地の中にはバランスよく沢山の餡子が入っています。
さり気なくこだわりを感じます。

もみじ饅頭は、自分で食べるのももちろんいいですが、お土産にするにも最適ですね。
とりあえず安定の美味しさで、外すリスクがないという定番お土産です。

そんなにしき堂のもみじ饅頭の中でも、最高に好きな物があります。

生もみじの秘密

それがこの「にしき堂の生もみじ」です。


こちらは抹茶味です。

見た目としては、肌理が細かくしっとり感がありますね。

では、通常のもみじ饅頭と何が違うのかと言うと、イメージ的には餡子をもちもちした何かでコーティングしているような感じにしてあります。

このもちもち感のお陰で、今までの食感とは全く違う「もみじ饅頭」になっています。

次に、触ってみた感触ですが、通常のもみじ饅頭に比べて生地の弾力が強くもちもちしていて、生もみじ饅頭だけの特別な生地の様に感じました。
このもちもち感が特に気になりましたので、にしき堂公式サイトをチェックしてみると・・・

生地に広島県産の餅粉と米粉を使用していますので、もちもちしっとりとした食感となっています。
材料のこだわりから生まれた上品な味わいをお楽しみください。

という事で、やはり生もみじ専用の生地ですね。

通常のもみじ饅頭はカステラ生地ですから、かなり研究された末のもちもちしっとり生地なんでしょうね。
ちょっとした事かも知れませんが、かなり凄いです。

今までのもみじ饅頭も確かに美味しいですが、お土産の新定番になっても全く不思議ではない安定した美味しさ。

この生もみじ饅頭の美味しさを知ってしまうと普通のもみじ饅頭に戻れませんね・・・。
それ位に衝撃的な商品です。

もみじ饅頭が好きなファンの方々は、手に入れてぜひ感動しちゃってください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする