【愛媛県の定番お土産】瀬戸内銘菓 母恵夢(ポエム)を食べてみました。

今回はお土産で頂いた、母恵夢について書きたいと思います。

こちらが母恵夢ですが、ベビーサイズも販売されていますが美味しい物だから、という事でノーマルサイズを頂きました。

甘党にとって大きい方で頂けるのは、非常に嬉しいです!(笑)

スポンサーリンク

瀬戸内銘菓 母恵夢とは

愛媛県を代表するお土産の一つですが、お土産だけではなく、自分用にも購入される方がいらっしゃるそうです。

お土産をくれた方は、店員さんと話ている際に聞いた、このセリフでお土産を決めたそうです(笑)

公式サイトなどの情報によると、和菓子の上品な味わいと、洋菓子素材の芳醇な風味を、独自の製法技術で調和させた創作菓子との事です。
※サイトの一部が準備中のままでしたので、ここはキチンと作って欲しいですね・・・残念です。

このコメントを見る限り、美味しいに決まってるでしよー!と思ってしまいました。

袋の上から触った感じでは、崩れそうで崩れな絶妙なバランスで作られている様です。
この辺は職人の技が光る所ですね。

ちなみに製造会社は、株式会社 母恵夢です。

お気づきですよね。そうなんです。
企業名を冠した製品なんですね。

これは味に期待せずにはいられない(笑)

瀬戸内銘菓 母恵夢を食べてみました。

袋を開封すると、香りが一気に出てきました。

バター系の、柔らかい香りが結構広がります。
公式に書いていたバニラの香りは・・・すみません、わかりませんでした(笑)

見た感じでは、案外しっかりした様に感じます。

一口食べると、しっかり目の皮の中からバターの甘い味わいとしっとりした餡が口に広がります。
中の餡は黄色い餡が入っていて、柔らかい口当たりでお茶菓子として非常に合う味わいですね。

しつこい味ではなく、上品な甘さなのでお茶との相性もバッチリです。
お茶以外では、紅茶と合わせて頂きましたが、これもまた美味しいです。

ちなみに合わせた紅茶ですが、今回はレモンティーで頂きました。
レモンティーの酸味に母恵夢の優しい甘さがいい感じです。

レモンティー、母恵夢、レモンティー・・・と無限に食べ続けてしまいすぐに食べきってしまいました(笑)

また母恵夢には、季節限定販売される味があります。
春には苺や桜、夏には瀬戸内レモンといった、母恵夢ファンにはたまらないラインナップで、1年を通して季節ごとの楽しみがあります。

季節毎のラインナップがあると、どの季節に購入しても楽しみがあっていいと思いますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする