【タイ限定のお土産】グリコ ポッキー マンゴー味

先日、知人よりタイ旅行のお土産として頂いたものが、こちらのポッキー マンゴー味になります。

ポッキー自体の歴史としては、何と1966年に「世界中で初めての棒状チョコレート菓子」としてポッキーチョコレートが発売されています。
50年以上もの歴史のある、世界中で愛され続けてきたお菓子なんですね。

ポッキーという、商品名は食べた時に聞こえる「ポキン、ポキン」という擬音語から名付けられました。

その後も、次々と新製品や期間限定商品を発売し続けてきています。
お土産なんかでよく見かける物として、ジャイアントポッキーなんかもありますよね。

その他にも、いちごポッキーやメンズポッキー等々、挙げればキリがない程バリエーションに富んでいます。
また、CMではその時代における人気の芸能人を起用する等、広告面においても大きな効果があったと思います。
一例として、本田美奈子さんや松田聖子さん、南野陽子さんらが出演されていました。

スポンサーリンク

ポッキー マンゴー味のパッケージ

さて、タイのお土産として頂いたポッキー マンゴー味がこちらです。

商品の見た目から、かなり南国を思わせるパッケージになっています。
背面に描かれているのは、タイの人々における、勇気と誇りと信仰の象徴である象ですね。
タイらしさを可愛く仕上げられています。

色使いの方も、マンゴーのカラーでもある黄色を主体にしたデザインになっており、濃厚なマンゴー味が伝わってくるようですね。

ポッキー マンゴー味を食べてみました。

それでは早速頂いてみる事にします。

中の袋等は、日本で販売されているポッキーと変わりはないようです。

ポッキー マンゴー味の香りと味

しかし、その袋を開けた瞬間に濃厚なマンゴーの香りが!
これは凄いです。

想像を遥かに越えた、マンゴーの香りがします。
もっと少しだけ香る程度だろうと予想していただけに、かなり驚きました(笑)

ポッキー マンゴー味を一口食べてみます

コーティングされている部分と、プリッツェルの量は通常のチョコバージョンと変わらないと思います。

コーティングされているマンゴー部分の厚さも通常のポッキーと同じ厚みだと思います。

一口食べた瞬間に感じた事は、香りで感じたマンゴー感は口に入れても凄い主張をしてきます。

意外(失礼ですみません)と美味しいですね。
原色系のカラーはあまり好みでもなかったのですが、これは嬉しい限りでした。

やはり大手お菓子メーカーだけあって、安定の美味しさですね。

現地では、日本円換算で50円しない位の安さらしいです。
この価格でこの味は、お得感もあっていいですね。

日本でも期間限定で販売しても良さそうなクオリティです。

でも、もしそうなるとお土産の有難たさが薄くなってしまうので、きっと無いんだろうなと思います(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする